人気ブログランキング |

怒り

吉田修一の本。
その感想。

人を信じる、信頼するってどういうことなんでしょうか。
根拠の無い情報を曖昧な感情に照らし合わせて、信じると判断しているだけで、信じるってことには、明確な基準が無かったりする。

タイトルの怒りについては、よく分からない。なんで怒り、なんなんだろう。人を信じきれない自分自身への怒り、人を信頼してしまった過ちへの怒りなのでしょうか。

ある殺人事件の容疑者に似ている男。
千葉、東京、沖縄、それぞれの物語で、疑心暗鬼に陥ります。誰が容疑者なのか?を求めて読める前編と、信じることって何だろうがグルグル回る後編。
悪人と同じ作者ってのは納得。答えが明確でないし、読後は、うー、とか、むー、とかしか声が出ない。
by morita79 | 2016-03-03 12:42 | 本のこと

読書再開

最近、ちょっと、自分に入る情報を制御してたりしたんですが、訳もなく、集中できるかなとか、実験的に、んで、本もあんまり、読んでなかったりして、、で、久しぶりに読んでます。

終末のフール (集英社文庫)

伊坂 幸太郎 / 集英社


別に、ひいき目して読んでないけど、やっぱ面白いですね。まだ、途中だけど。
なんだろ、仙台の街でてくると、親近感。いいですよね、イメージしやすくて。

で、巷で話題のフリー。本は買ってないんですが、週刊ダイヤモンドの特集は、思わず買ってしまいました。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

クリス・アンダーソン / 日本放送出版協会


タダより高いものはない。タダをうまく使いましょう、。うちはシステムやソフトを扱っている会社なんで、今後さらに、脅威ですよね。死活問題。
グーグル、やっぱちょっと調べてみよう。気になる会社ですよね、そのビジネスモデルとか、理念とか。
by morita79 | 2010-03-18 00:00 | 本のこと

kaisou

快走、階層、回想。

誕生日、過ぎたら、また早いもんで、三十路も1週間です。

先週はというと、簿記受けました、2級。
受験会場の東北高校の机、、狭い。高校の机って、こんなにせまかったっけ??ってくらい狭い。おれは成長期かと思うほど小さい。焦りもあったか。。
3級獲ってから、早9ヶ月、今回は手ごたえあるが、怖くて答え合わせはしない模様。合格発表は30日。

沈まぬ太陽〈5〉会長室篇(下) (新潮文庫)

山崎 豊子 / 新潮社


沈まぬ太陽、いよいよ5巻目、最終巻、、この腐敗のありようが、現在の1,000兆円近い赤字につながっているのですね、、でも税金で救済するみたいだし、一般従業員はボーナスカット、OBの年金は減額されるけど、一般の企業より多くもらえるだろうし、、何なんだろうね。

そんなのとか仕事との絡みもあって、給与や社会保険を勉強中です。
給与明細の中身とか、全部わかりますか?何で控除されてるか、とかさ。
全く知識ゼロです。口座に入っているか確認するくらい。今月残業多かったな、と思うくらい。交通費は非課税かって思うくらい。非課税って意味も最近知った。

もうちょっと、詳しくなったら、ここで知識を見せびらかして、さらに覚えていこうと思います、なんて(アウトプットすることが勉強では大切なことなんですってね)

負けない技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「逆境突破力」 (講談社プラスアルファ新書)

桜井 章一 / 講談社



で、目についたこんな新書も購入。
麻雀必勝本ではないです。
by morita79 | 2009-11-17 00:00 | 本のこと

シズマヌタイヨウ

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)

山崎 豊子 / 新潮社



いま、読んでます。
某航空会社での実話をもとにした話なんだって、。映画化が間もなくですが、原作読みたいなと、、途中ですが、面白いです。でもこの面白いは、おかしいってんじゃなく、小説としてです。
話としてはひどい話です。これ読んだ人は、某航空会社には乗らなくなるんではないかと、、実際そんいう人もいるみたいだし。

最後まで読んだら、また感想書きます。
by morita79 | 2009-10-19 00:00 | 本のこと

最新作

あるキング

伊坂 幸太郎 / 徳間書店



読みました、新作。

語り口調で、何か感情移入できなかった。
ゴールデンスランバーのように、のめり込めなかった、何でだろう。

所々の描写は、さすが、と思うけども、。
あとがきでも著者が書いてたけど、試行錯誤したんだなと思える作品でした。
by morita79 | 2009-09-11 00:00 | 本のこと

本屋大賞

今年も本屋大賞発表になりましたね。

第一位は、湊かなえさんの「告白」です。

告白

湊 かなえ / 双葉社



で、読みました。
面白いです、特に、先生の語り口調、それぞれの視点の見せ方。こんな文章の構成は初めてで、新鮮で斬新で、一気に読んじゃいました。

気になる内容は、最悪です。作品が陳腐ってのじゃくて、ひどい話って意味です。読中、読後の気分、最悪。最高のもどかしさで終わります。

著者は、これがデビュー作品とのこと、いやいや、すごいです。

で、ガリレオ。

予知夢 (文春文庫)

東野 圭吾 / 文藝春秋



ん~、面白いんだけど、今作は、どっか、物足りないというか、。容疑者X~読んだ後じゃ、しょうがないか。
ガリレオシリーズは、新刊も出てるみたい。

どうしようか、高いしな~、ブックオフにないかな。
by morita79 | 2009-04-09 00:00 | 本のこと

東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読んだ。

容疑者Xの献身 (文春文庫)

東野 圭吾 / 文藝春秋



福山主演のTVや映画で話題になったときは、見向きもしてなかったが、先日結婚をしたM氏に、アヒルと鴨~に、勝るとも劣らない名作だ、と聞いて、、興味がわき読んでみた。

感想はというと、面白いです。好きです、あの展開、映画のダンサーインザダークのような後味がなんとも。

で、映像化が気になって、DVDも見てみました。
で、ちょっと、いまいち。

エンターテイメントになるよね、やはり、。原作に出てこない、柴崎コウをうまく演じさせなくてはいけないし、。
それにしても、ラストの見せ方は、もう少しどうにかなるのでは、。湯川、石神、草薙刑事の同級生感がもっとほしいし、湯川が、石神に推理を披露し、最後の切り札を出させるくだりも、、、。

原作が素晴らしい作品の、映像化は難しいですね。

にしても、やはり楽しみ。
来月には、重力ピエロが上映開始。

ゴールデンスランバーも、映画化されるそうですね。
by morita79 | 2009-03-29 00:00 | 本のこと

最近読んだ本

続いて、新書です。

断る力 (文春新書)

勝間 和代 / 文藝春秋



まずは、勝間さんの新刊【断る力】。

この本では、断ることをしないことが、いかに私たちの生産性の向上を阻害し、成長を阻害し、ストレスをためるということを説明しています。そして、どうやったら断る力を身につけられるか、具体的な訓練方法まで説明していきます。(原文ママ)

感想は、、、確かに、と思える内容ですが、節々の言葉は強めに書かれていると思うので、そんな言われてもさ~って感じる人もいるはず。。

何事も鵜呑みにせず、ちゃんと考えていくことが大事ってこと。そして、まずは実践してみる。その姿勢は必要ですよね。

文中に、同調傾向の強い人(シゾフレ人間)、自分の考えを中心にする人(メランコ人間)の診断テストについて書かれています。
シゾフレ人間度が高い人は、断ることについて、やりにくい傾向にあるといえるそう、、、

で、やってみました。

■結果 メランコ度 56% シゾフレ度 12%
※ややメランコ的なところがあります。
 どちらかというとしっかりとした自分を持っている人です。
まわりの意見を聞きながら、自分の意見を崩さないで、よりよい自分にしていくためには、有利なスタンスにあると言えます。
他人の意見に流されず、多少にしっかりしたところがありますが、まだまだ自分へのこだわりも強く、ちょっとしたところでトラブルが起きるかもしれないので要注意。

とのこと。。うーむ。

断るといえば、やや強く、どちらかというとネガティブな言葉かもしれないけど、より深く考える力を養おうってことですね、。ちがうかな。。

そんで、

「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)

細野 真宏 / 扶桑社



経済のニュースがよくわかる本シリーズを読んでて、細野さんの本はわかりやすいなぁと思ってたんですが、、この本は、目から鱗です。

特に、題名にもなってる年金の件。

将来年金はもらえない。だって納付率が6割(未納が4割)だと、払う金額が増えるだけで、まわってこないよね、、ってイメージでいましたが、、、これは大きな間違いでした。

簡単にいうと、国民年金には、

【第1号】自営業者や学生とか
【第2号】会社員や公務員とか
【第3号】(第2号)の妻とか

の区分がされているんですが、、この納付率6割(未納4割)っていうのが、その【第1号】に関してのことであって、つまりは、未納者に関して言うと、全体納付率の5%にも満たないのだそう。

なんで、未納者が増えても年金制度においてしわ寄せがないし、まずは、もらえるってこと。

この事実、驚きです。(ぼくには。。)

ほかにも、サブプライムや税についても、書かれてます。

いいたいことは、(報道を)鵜呑みにせず、論理的に考えよう。ってことかな。

まさに、ニュースとか聞いてて、ふーん、そうか、で、終わっちゃうもんね、、そうではなくて、そうか、で、なんでかな?って、考えることが重要だということですね。

ま、詳しくは、読んでみましょう。
by morita79 | 2009-03-11 00:00 | 本のこと

ちょっと、最近読んだ本のまとめです。
こうすることで、読んだものを再確認できるかなと思って。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

マーカス バッキンガム / 日本経済新聞出版社



この本、勝間和代さんの影響をもろに受けて購入しました。
【さあ、才能(じぶん)に目覚めよう】、この題名、胡散臭さ満点ですよね。

まぁ転職活動中っていうのもそうだけど、自分を客観的に見ることは必要かなと。

自己啓発本なんですが、内容は、短所を改善するより、長所を伸ばそう、というもの。
長所を伸ばすことが、いかに、素晴らしいかってことから、それでは、長所を見つけようってことで、34のどの能力が自分の特出的能力か診断することができます。

つまりは、この本のカバーの裏にパスワードが記入してあって、HPよりログインすると、30分くらいする診断テストが受けられます。(ちなみに、パスワードは一人に1パスワードなので、古本買ったらログインできないと思うので注意。立ち読みしてメモしてもダメよw)

そんで、その診断方法が表題【ストレングス・ファインダー】ってわけ。

で、オレの結果は、

■原点思考
原点思考という資質を持つ人は、過去や原型について考えるのが好きです。過去を調べることにより、現在を理解します。
■自我
自我という資質を持つ人は、他人の目から見て非常に重要な人間になることを望んでいます。独立心に富み、人から認められたいと思っています。
■慎重さ
慎重さという資質を持つ人は、決定や選択を行う時に細心の注意を払います。あらゆる道のりには、危険や困難が待ち受けていると考えています。
■共感性
共感性という資質を持つ人は、自分を他人の状況に置き換えて考えることにより、他人の感情を察することができます。
■包含
包含という資質を持つ人は、他人を受け入れることができます。人の輪から外れている人に注意を払い、そのような人を輪に入れようと努力します。

が、長所というか、特出した能力ベスト5だそう、、、34の能力の序列も分かるそう、有料らしいけど。。

こんなんかな、どんなんかな。。

本には、それぞれの能力の詳細やその強みの活かし方など、具体例を交えて書かれていて、参考になります。

自分が当たり前と思っていることが、客観的に見ると長所であり、短所であり、、自分を把握すること、まずはそこからですよね。
by morita79 | 2009-03-10 00:00 | 本のこと

モダンタイムス

伊坂幸太郎最新作、モダンタイムス読みました。

c0139253_11203019.jpg


面白いです。

魔王の続編でもあるけど、ゴールデンスランバーよりの作品かなと思う(井坂さんもあとがきでいってたけど)

ゴールデンスランバーがトロなら、モダンタイムスは、赤身みたいな、、、ん、そうか?

読んだら分かるよ、たぶん。

詳しくは書きませんが、随所に見られる展開は、これぞ伊坂作品とよべる物ですね。
by morita79 | 2008-10-21 00:00 | 本のこと