Day1アカウンティング1振り返り

○最大の学びは何だったか。

・マクロ的な背景(前提)を考慮する。

・定性も大事。

・財務数値の構成要素分解は、MECEとなる。

・都合の良い数字を選択する(どの数字にインパクトがあるのかに着目する)


○それは自分にとってどんな意味があるのか

MECEになる、という話は、最も腑に落ちた。項目への分解には時間がかかりますが、曖昧な思考が整理出来る(出来てませんが)と思う。

インパクトのある数字に着目することは、実務(顧客である税理士や企業会計担当者との話で)においても多々出てくる(会計や税務システムなどを販売しているため)。今まであまり意識してなかったが、何故顧客がその数字に着目しているのか、意味、意図と踏まえて考えていきたい。


○それを踏まえて自分はどのように具体的に行動するのか

実務において、顧客と講義のような話をすることが出来るのは、非常に恵まれた環境にある。いつも上辺だけで商談しがちだが、一歩踏み込んで内容を確認することがトレーニングになると考えます。数字が伝えている真意を読み取り、顧客と考えることが自己の成長にも繋がっていると思って行動していきたい。


[PR]
by morita79 | 2017-11-01 00:55