saikin10508

これだという物件がそうそうありませんね。

今は、売り手市場ですからね~って不動産屋にいわれた。
わがままいうなって暗に言われてる感じだよね。

永遠の0 (講談社文庫)

百田 尚樹 / 講談社


特攻隊で亡くなった祖父の本当の理由とは?を元軍人に聞くことでひも解いていくお話。
必ず生きて帰ってくる、、、臆病者扱いされてまで、生きることに固執した祖父がなぜ特攻隊として亡くなったのか。。
当時の戦闘の様子が、小説でしょ!?と驚くほど、細かく描写されています。
小説という媒体で読みやすくしてはあるけど、内容は軽くはないですね。
戦争とは、人とは、ということを考えさせる話でした。
話自体は読みやすいので、戦争を考えるきっかけになる本じゃないかな。
[PR]
by morita79 | 2011-05-08 00:00 | 日々のこと