1. What?(事実)

 最大の学びは?

・Day1からの学びである戦略策定プロセスが非常に大事

Day6に限りませんが、全ての課題を通して、最も確認してました。

・KBFの導き方に対して、柔軟な発想が欠如する。

ぼやっとしてました(抽象的ですが)PESTや5Fのようにフレームワークがあると落ち着くんですが、ファクトから仮説を導くのが、本当なのか?と考えすぎてまとまらない。

・VCを全く考えていない。

つまり、KSFからの各施策の整合性が捉えられていない。

・マーケティングは仮説を立てる想像力が重要。

ファクトやフレームワークを通して仮説立てをしていくのが、難しいと感じてます。Day6に限らず、講義では、結果がおおよそ分かっているケースを扱っているので、その結果に引っ張られて仮説立てしているのではないか(本当にファクトやフレームワークから導き出しているのかと常に疑問)

・他社から見て模倣困難な競争優位性の源泉は考察できてません。



時代ごとにKSFを見るべきか?何を意図に分析すべきか?

ニーズの違いとは?

市場が異なると業界は異なるというのがスタンダード。

異なる戦いをしているのであれば、同じ業界として分析して良いのか?

国内・国際の区分は→いろいろな戦い方がある。



2. So what?(解釈)

 自分にとっての意味は?(要するに何を学んだのか?)

これが学びのスタートであるということが良く分かりました。

マーケティング・経営戦略基礎、非常に難しく、楽しかった。

自分で理解出来たことは、戦略策定プロセスが頭に浮かぶようになったこと。

その細部の【見えていない不確実な事象にも視野を広げること】、【そこから考えるべき論点を見つけ、考え抜くこと】までは至ってない。

Day6を終えて、そんな自分に気付けたことを前向きに捉えて、学びを継続していきたい。

3. Now what?(行動)

 具体的にどのように行動するか?(これからどう活かすか?)

仮説を立て続けることでしか、仮説は立てはうまくなりません、と伺いました。

身近な自社分析から自分の仕事(営業)にフォーカスして思考を深めていきたいと思います。




[PR]
by morita79 | 2017-06-28 23:59

闘病を経て

別にファンというほど熱心にではなく、たまにワイドショーで見かけた時に応援してたくらいなのに。
何だろう、亡くなったのを知った時、ひどく動揺する自分がいた。そんな自分に驚きさえある。

行き場のない悲しみ。誰にもあたることが出来ない悲しみ。同世代だからか、何なのか。残された遺族のコメントや友人達のコメントを聞いて、胸が痛い。
頑張ったね、などと私が気安く言うことは出来ない。
誰もが望んでいない結末。悔しい、悲しい。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by morita79 | 2017-06-24 00:54

山下達郎ライブを観に、大宮へ。
チケットが全く取れなくて、宮城はもちろん東北各県ことごとく外れ、手当たり次第で申し込んだら、当たってしまった大宮。

パチパチパチパチ、、パン!パン!パン!
いるじゃない、あの拍手で目立とうとする人、狙ってだよね。小学生とかよくやったりする、みんな拍手してて、フェードアウトしてくけど、最後の最後までしつこく拍手してるやつ。大きめで。

あれがいたんですよね、5席くらい前に。おっさん。
ちょっとうぜーな、と思ってたら、最初のトークで、達郎さんから、
そんな拍手するとこじゃないでしょ、と。
それに対してまたへんな拍手で返す。
トークのどーでも良いところでも、拍手。かなりでか目。
今思えば釘さしてたんだよね、達郎さんもさ。
解れよな、って。

とにかく間が悪いそいつは、間抜けな拍手を曲終わるごとに繰り返してたわけ。

5.6曲観て、潮騒、ってバラード終わった時かな。
ついに、ステージから
あんまりこんなこと言わないんだけどさ!
お客さん、あんただけで観てるんじゃないんだよ、頼みますよ!
2499人(大宮ソニックシティの定員が2500人)に迷惑なんだよ。
ライブって繊細なもんなんですよ。腐ったたまご2つあれば、簡単に潰すことが出来るんだよ!

シーン、。

これね、達郎さん悪くなくてね、誰かが言うべきでね、みんな気づいてたわけで。むしろ達郎さんが言うことがやさしさなんじゃないかと。
イベンターが言っても良かったんじゃないかとも思ったけど、拍手だしね、間抜けなだけど、すごく難しかったんじゃないかと。注意したいけど、どう言っていいかな、拍手のタイミング見てください、って注意ある?

だからさ、
分かるよね?
と諭すのが最も良い方法だったと思う。
達郎さんじゃない誰かが言えればね、良かったけどね。でも難しい、それを見越しての達郎。

その後はは、このまま先いけないから、また潮騒演る。時間を巻き戻す、って。

会場拍手。

改めて潮騒演って、その後、事あるごとに
怒っちゃったなーみたいなトークで気を使ってる達郎さん観てて切なくなったなー。そんな気を使わないで大丈夫。むしろ、良く言ってくれました的な感じ。

トラブルしてしまったと繰り返しお詫びしてたけど、そんな言われると余計気になるから、サラッと進んで良かったんじゃないかな。

ライブは客と一緒に創り上げていくものだと言うことがわかった気がします。

全体通して、相変わらずの最高な声。
sparkle、蒼茫、Youreyesは鳥肌もんですよ。ride on timeもね。
c0139253_16400985.jpg



[PR]
by morita79 | 2017-06-18 15:54