フィンランド旅行⑤

最終日はヘルシンキ観光。
c0139253_0581556.jpg

c0139253_059886.jpg

c0139253_101522.jpg

c0139253_105228.jpg

c0139253_111259.jpg

c0139253_115687.jpg

c0139253_121628.jpg

c0139253_124426.jpg

c0139253_132217.jpg

c0139253_134848.jpg

ロシアの影響が色濃いヘルシンキの街。
それもそのはず、フィンランドは、約100年間ロシアに支配されていた歴史があります。
1917年ロシアからの独立を果たすんですが、そのきっかけとなったのが、日露戦争で日本がロシアに勝利したことでロシアの影響力が弱まったからだそう。
その影響から、高齢な方の多くは、新日派の人が多くて、一方で反露感情も強く残っているみたい。
フィンランドに来てから、とても人がやさしく見えたし、そう感じてた。
それは、言葉がゆっくりで僕の英語レベルでも聞き取れる会話のスピードであったのもあるけど、その背景にこんな歴史が絡んでいる影響もあるのかな。
知ってしまうと、それがすべてじゃないってわかっているけど、複雑な気持になる。
自分と関係ない感情に支配されるんだなと、隣国の反日感情ってこういうもんなんだろうなと。
知らないところで嫌われている、好かれている、歴史がそうさせている、ってのは、良くも悪くも、何か居心地が悪いような、どうしようもないんだけど。
考えすぎかもしれないけど、考えてもどうしようもないことのような気がしたので、考えるのをやめる。
僕らには過去はどうしようもない。

次は、白夜かエアギターか、。
また来たい、そう思える国でした。
[PR]
by morita79 | 2012-02-28 00:00 | 旅行のこと

フィンランド旅行③

【4日目】
サーリセルカを後にして、ロバニエミへ。
c0139253_011645.jpg

フィンランドは、スパイクタイヤが禁止じゃないので、写真のように、スタットレスとスパイクのコラボタイヤばかりです。みんな結構飛ばします。なんでも、人を轢くよりトナカイを跳ねる方が多いんだとか、。
サーリセルカ、ロバニエミのあるラップランド地方は、トナカイの人口密度の方が人間より多いんだと。

途中、コタと呼ばれるサーメ人(原住民のことね、アイヌ人と似てるみたいです。)が住んでいた昔ながらのテントでソーセージを食べる。
c0139253_016495.jpg

こっちのソーセージはパリッとしません、フニャって触感です。

そんで、アメジスト採掘しにどこかの山に登ったり、。
c0139253_0181244.jpg

でも心の中は、オーロラのことでいっぱい。
今日のラストチャンスで見えるんだろか、そんなんでいっぱいであんまり楽しめなかったなぁ。
c0139253_020127.jpg

バスからようやく初青空。

丘の上のホテル(ラップランド・ホテル・スカイ・オウナスヴィーラ)に到着。
ホテルそのものが郊外にあって、オーロラ観測に来る観光客がいるくらいオーロラスポットだそう。
そんなことを聞いても心配でたまらず、またもやツアーに申し込みました。
モイモイバスで行くオーロラハンティングツアー、一人75€だったっけ、。
あがきます(その分食べ物はめっちゃ質素になりましたけど)

ツアーでは、満点の星空に出会えました。
c0139253_0301069.jpg

肝心のオーロラは、ちょっとだけ。
c0139253_031544.jpg

ツアーでは、こんなんで、傷心してホテルへ。

寝る前に見えるかな、と窓開けたら、!!!
ホテルの屋上に駆け上がって、、
c0139253_0371742.jpg

※ISO1600・露出15秒(コントラストいじりました)
凄い、凄い、凄い。
感動しました。言葉にならない。

オーロラの動きはほんと不思議で、、これが
c0139253_0435637.jpg

いつの間にか、2本になって、、
c0139253_0442161.jpg

もっとはっきりしてきて、
c0139253_0443736.jpg

ゆらゆら動き出しました。
c0139253_045585.jpg

で、あっという間に無くなってった。
c0139253_0454557.jpg

※ISO1600・露出15秒(コントラストいじりました)

オーロラに対しての誤解は、オーロラは全部肉眼でも、ユラユラや色を観ることができるって思ってたこと。
オーロラにもいろんな種類があって、TVや雑誌に出るようなオーロラを肉眼で観るのは、ほんと稀だそう。
上の写真も、ほとんどが白です。若干緑がかってるかなって程度。
※写真撮ってみて、緑に写ったらそれオーロラだからって言ってたツアーガイドもいたっけ。
写真で光が強くて白くなってるものは、動いているのも分かったし、白も濃くて緑がかりも肉眼で観えて、震えて、言葉を失ってしまったけど。
ぼや~って出て、ぼや~って無くなってく、と思ったら、急に濃くなってきて、激しく動き出したりする。

不思議、不思議、感動。
[PR]
by morita79 | 2012-02-26 00:00 | 旅行のこと

フィンランド旅行④

【5日目】
午後からサンタクロース村へ。
トナカイがお出迎え。
c0139253_21541959.jpg

敷地の中には、お土産屋、レストランが多数。
この中にサンタ居ました。
c0139253_2155335.jpg

中に入るとサンタ行列。人気もワールドワイド。
サンタと写真に撮るのに約30分ほど並ぶ。
ようやく会えたサンタに仙台から来たと伝えると、去年行ったよ、大変だったね、また行くから頑張ってと、めちゃめちゃ流暢な日本語で激励された。サンタはやっぱりサンタだった。
※撮影禁止により写真はありません。

ロバニエミの街。
c0139253_2224318.jpg

大戦時にドイツだかに徹底的に破壊された街だそうで、再建を計画的にするってんで、街全体を上から見るとトナカイの角のカタチをしている、凝ったつくりになっているそうです。
これこれ、世界最北端マック。別にメニューに変わりはないです。
c0139253_225228.jpg

今日は、ここから寝台特急サンタクロースエクスプレスで、タンペレという都市に向かいます。
c0139253_2273545.jpg

サンタクロースエクスプレスって聞こえはいいんだけど、肝心なお部屋は、、
c0139253_2210213.jpg

狭い、狭い。まぁ、こんなものでしょうか。

さっきの電車止まっている写真は駅のホームなんだけど、フィンランドには改札が無いみたい。
ヘルシンキ駅でも改札は無くて、使用者のモラルで成り立っているだってさ。凄い。
覆面取締員はいて、抜き打ちで切符の提示を求めて、持ってないと80€くらいの罰金が科せられる仕組み。
そんで、この罰金も当事者の年収によって金額が変わってきて、低所得者ほど罰金が少ないそう。
スピード違反も同じ仕組み、。
日本でこれはどうだろ、、反対でるよな、やはり。
てゆーか、切符買うのが使用者のモラルってとこが素晴らしいっていうか大丈夫なんだろうか、って思ってしまう。

早朝タンペレ着。
c0139253_2219451.jpg

c0139253_2228824.jpg

c0139253_22202726.jpg

ムーミン博物館。
c0139253_2222932.jpg

c0139253_22224959.jpg

c0139253_22243078.jpg

バスでヘルシンキへ。
アラビア社の工場を見学。
ツアー参加者は、みんなアウトレットに行きたくてしょうがない感じ、説明しているガイドさんが何とも悲しく見えました。
c0139253_22292939.jpg

そんで、アウトレット。
買い物時間1時間は少ないようです。
価格も日本の4割引きくらいでしょうか、品物も日本にないのが多いみたい。
c0139253_22303329.jpg


ヘルシンキのホテルはこのツアーで一番上等でした。
c0139253_22403137.jpg

ホテル着いて休まず、直行。
行ってみたかった、カモメ食堂。おにぎりはありません、てゆーか日本食はありませんでした(シナモンロールはあったな)
c0139253_22442443.jpg

内装は映画と変わってた。
c0139253_22461459.jpg

でもまぁ、壁はそのままで、ちょっと感動。
c0139253_2247890.jpg

お客さんは、みんな日本人だったけどね、やっぱり。
[PR]
by morita79 | 2012-02-26 00:00 | 旅行のこと

フィンランド旅行①

6泊8日でフィンランドに行ってきました。
kntのまるごとフィンランド8日間という添乗員同行の行程です。
もちろん、目的はオーロラなんだけど、自然と雰囲気と人柄と、とても心地よい国でした。

【1日目】
飛行機で10時間と30分、ヘルシンキ着。
時差はマイナス7時間。
日本が9時のとき、フィンランドは午前2時です。
c0139253_173387.jpg

そんで、ヘルシンキからもっと北のイヴァロへ、空路で約1時間。
イヴァロからバスで約1時間、最初の目的地、サーリセルカに到着。
気温マイナス5℃くらい、通常はマイナス10度~20度の間で、異常なほど暖かいみたい。
c0139253_1741823.jpg

飛行機の遅れもあって、21時くらいに到着(サンタズ・ホテルテゥンテゥリ)
そのまま、外でオーロラ見れるそうだけど、あいにくの天気と時差ボケで変な感覚、。
チャレンジは明日にして、即寝、初日終了。

【2日目】
サーリセルカは、人口200人くらいの小さな村です。
30分で端から端まで歩いていけるぐらい。
ホテルと土産物屋やと1件のスーパー、そんな小さな村に、観光客がいっぱいです。
日本人の多さに驚きました。たぶん4割くらい日本人じゃないかな。
c0139253_17503755.jpg

朝食は、サンドイッチのバイキング。パンと具材を自由に盛り付けて持ってきます。
ほかにも、卵やベーコン、ヨーグルトなんかも置いてあって、日本のそれとほとんど同じです。
最初は新鮮だったんだけどね、、これがほぼ毎日、ほかのホテルでも出てきました。
うまいんだけど、正直飽きます。

夜までオーロラは見えないので、今日の午前中は、犬ぞりです。
c0139253_17565172.jpg

これが、犬ぞり。
前に一人乗って、後ろにもう一人がまたがって乗って、真ん中にあるブレーキでスピードを調整します。
c0139253_1815870.jpg

こんな感じで、出発を待ってる犬たち。
走りたくて吠えまくってます。
簡単なレクチャーを受けて出発。
c0139253_1835154.jpg

早い、早い。
結構なスピードが出ます。ブレーキかけると犬がなんだ?って顔して振り返る。
健気に走る姿に感動すらします。
ただ、こいつら、走りながら糞尿お構いなしなのね。5匹1チームだけど、1匹ウンコすんの当然みんな待ってない、、なんで走りながらする。しかもちょっとの量じゃない、ちゃんとするのね。結構匂います。
c0139253_18152613.jpg

1時間くらいは走ったかな、思ってた以上に爽快でした。
c0139253_18145111.jpg


午後は町ブラです。
これが町のメインストリート、。
c0139253_18242688.jpg

c0139253_18271116.jpg

マリメッコもありますが、。
c0139253_18274479.jpg

シカだかトナカイだかが歩いていたりします。
c0139253_18275692.jpg


寒くなったんで、ホテルのサウナ体験です。
フィンランドはサウナも有名(だそうで)、入り方が日本と違うようで気になってました。
時間が早すぎるのか、ちょうどよく誰もいませんでした。
脱衣所、シャワー室とあって、サウナ室です。
c0139253_18322699.jpg

ビニールシートみたいなものが脱衣所にあって(ロール式)、それを敷いて入ってみる。
写真のバケツは水が入っていて、それを熱くなっている部分にかけます。
ひしゃくで一杯程度、ちょいっとかけました。
ジュワ~、、、?
何も変わらない、日本と変わらんな~水風呂ないだけか、と思って10分くらい入って、上がったら、入れ違いに、フィンランド人(たぶん)が入ってきた。
やり方?入り方っていうの気になって気になって、シャワー浴びながら凝視しましたよ。
入るや否や、バケツの水を一杯どころかジャブジャブいっちゃうの、熱いところへジャブジャブ。
そしたら、(まぁ当然なんだけど)蒸気がブワーってなって、部屋が見えなくなった、んで、ウゥ~とか聞こえる。
あぁ、、これがフィンランド仕様か、、
また一つ勉強になりました。

夜は、オーロラハンティングツアーなるものに行きました。
村からでも見えるんだけど、より町の明りが少ない場所へ行きましょうっていうツアーです。
村の天気は、あいにくの吹雪ってこともあって、じゃあ場所変えてどうしても観るぞって、申し込みました。
一人78€だったかな、結構する。

結論、本日は観えず。
c0139253_18504537.jpg

ロシア国境近く行って、
c0139253_1851104.jpg

イナリ湖ってスポット行ったけど、あいにくの雪。
バス乗って、トナカイスープ食って、終了。
[PR]
by morita79 | 2012-02-25 00:00 | 旅行のこと

フィンランド旅行②

【3日目】
バスで村の山頂っていうか丘へ。
c0139253_21163298.jpg

みんなソリ片手に乗車です。
このソリは村のあちこちに落ちていて、自由に使っていいものなんだとか。
c0139253_21183978.jpg

そんで、1,2kmのコースを滑ってくる。
あぁ、気持ちいぃ。
c0139253_21224150.jpg

トナカイバーガー。
牛肉みたい、ってゆーか、ほぼ牛肉。騙されたか?若干牛肉よりタンパクな気がするけど。

夜、天気は吹雪。。。
また、ツアーで違う場所へ行くことにしました。。。
サーリセルカには日本語が通じるツアー会社が2軒ありまして、昨日行ったとこと、別のところにしました。
こっちは、オーロラを求めて移動を繰り返し、トイレ休憩もない、探しっぱなしなもの。
お値段60€、やはりそのぐらいする。

結果、これ。
c0139253_044170.jpg

このボーっとしてるのが、ガイド曰くオーロラだそう。
写真でしか判別できないレベル。
※ISO1600・露出15秒で撮影。

バスで流れるフィンランド民謡が悲しく響いた夜、。
[PR]
by morita79 | 2012-02-25 00:00 | 旅行のこと

saikin120214

湾田氏から薦められたDVDを見た。
127時間
前知識なしで観ると、何か出てくるのかとか、エンターテイメント的な要素を期待してた、いい意味で裏切られた作品。
実話だから映画になり得るというか、実話だから映画として納得できるっていうか、。
映画というか、ドキュメンタリーだなあのリアルさ。
あれが、演技だからすごい。

それはそーと、風のごとくが6周年、おめでとうございます。でも行けてないな、最近。
[PR]
by morita79 | 2012-02-14 00:00 | 日々のこと

saikin120213

最近、投稿が遅く、面白くないという声が聞こえたからではないが、ぷらっと行ったところの批評です。
竜泉寺の湯
・安い。入浴料600円、岩盤浴も+300円の900円でいけるのは、安いんじゃないでしょうか。
・お風呂豊富。風呂も、岩盤浴も種類が豊富でそれなりに楽しめる。
※露天風呂にテレビ付きとか、塩サウナとか、結構ポイント高いです。
・混みすぎ。ちょっと、混みすぎ。土曜の9時過ぎの混む時間だったけども、岩盤浴も行列。風呂もほぼ満員な状況は、きつい。

当分は、混む状況は変わらんでしょうから、時間帯見て行くしかないかな。

いよいよ今週だぜ。
c0139253_151310.jpg

見れますように。
[PR]
by morita79 | 2012-02-13 00:00 | 日々のこと

saikin120209

会話があれば話題はなんでもいいんだな。
昔のことでも、仕事のことでも、自分の知っていることであれば何でもいいのかな、発言できる欲求って、人間の3大欲求を越えているんじゃないか、実は。
発言するストレス発散、逆にいうと話をきくことにストレスを感じるということか。
聞く→ストレス。話す→発散。の繰り返し、。
だとしたら、会話って大事、キャッチボールって大事。年齢高いとほんとにそんな人ばかり、たぶん。

説教くさいのは昔から、いまさらじゃないぜ。
[PR]
by morita79 | 2012-02-09 00:00 | 日々のこと

saikin120208

フェイスブックやミクシーとかソーシャルネットワークがスタンダードになって、誰もが友人と気軽に【会話】出来て、つながりを感じて、一人じゃないと、寂しさを紛らわせたりできるようになったけど、救われる気持の部分はほんの一部で実際は何もつながってない、ということもしばしば、というか見方を変えれば、それが当然のことなんだろう。
現に、ソーシャルネットワークでつながっている友人、知人をどのくらい救えただろうか(あまり使用していないので、それはそうだが)、救われただろうか、酒を飲み語るくらいの効果を得られるだろうか、モヤモヤしている気分の時に、飲みにいくではなく、フェイスブックやろうって気が起こるだろうか。
その程度って把握していないと、友人登録されているだけで、つながっているっていう錯覚に気づいていないと、すごくだまされているなと。だましてはないな、気づいたら請求されている何かの使用料みたいなもんだな、なんだか引き落とされているみたいな。

当然ですよね、コミュニケーションツールですから。
一つのコミュニケーションの手段ですから。
意図、思惑によって、使い分ければいいんですよね、それで全てを網羅できるなんて、怠慢だ(誰の?)。

別にアンチじゃないです。
登録しているだけで、10年くらい会いもせずに、めちゃめちゃ友達ですよっていってる、そんな今後になりそうで怖いな、と思ったり、最近ブログ書いてないから、ネタに困って書いただけでした。

では、寒い日が続きます、ご自愛ください。
[PR]
by morita79 | 2012-02-08 00:00 | 日々のこと