<   2011年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 31日

どんなんかな2

労使の件、続きです。
※前回同様、文の末尾に(~らしい)とか(~っぽい)をつけて読んでください。
今回、前回とも、発信というよりは、自分の中のまとめに近いので。

前回、震災では労災は適応除外と記載しましたが、24日に通達が出ていたようです。

これによると、仕事、通勤途中に津波、地震で被災した場合、労災は適応になります。
ほか、Q&A方式で分かりやすいです。

また、休業手当の件は、国からの助成制度がありました。
雇用調整助成金が、国から助成されます。
※手続きは必要です。
対象となれば、失業手当分の全部ではないけど、規模にもよるけど、休業手当で支払う金額の6割~8割ほど国から助成されます。
なんで、休業手当がもらえる可能性は高まるということですね。

このような時にどんな対応ができるか、また、どんな対応をするのか、、、、一つの側面ではあるけど、会社の力や性格を知ることができるのではないかな。

労使の関係は、働き続ける間(ひとりじゃなきゃね)は、付きまとう関係だから、、、にわか知識でブーブーうるさくなるのもどうかと思うけど、あれ?おかしいんじゃないかな、、って疑問を持つ視点は持っておくべきだなと、そう思いました。

前回、ブログに記載したら、連絡をくれた友人がいました。
その友人の計らいで、専門の社労士の方の意見も聞くことができ、大変参考になりました。
このような繋がりは本当にうれしく思います。

僕も、そんな繋がりの一端となるように、なれるように(なんかしまり悪いな、最後、。)
[PR]

by morita79 | 2011-03-31 00:00
2011年 03月 29日

どんなんかな

今日は労働基準法について。
※僕は資格を持ってないので、下記の文の語尾に(~らしい)とか(~みたい)をつけてお読みください。

震災後の会社が休みなった人、多いと思います。
そのお休み、何休みですか?
有給休暇?
欠勤?

当然のことながら、欠勤扱いだと給与が出ません。震災で大変なのに、いつもより余計に買い物したのに、給与も入ってこない、、そんなこともあり得ます。

有給休暇は、原則、労働者はいつでも取れます。
ただし、事前申告が必要です。

あとから、『その休み、有給にしといて~』的な処理はできません。
事後有給で処理できるのは、会社の総務さんがやさしいからと、労働者と円満な関係を継続させたいと考える使用者の心意気でしょう。

そんなこといったって、震災で電気もつかないし、ビル壊れているし、会社で働けるわけないじゃない!?

確かにそうです。働けるわけありません。
ただし、給与が出る、出ないは別の話です。

一般的に会社が休み(休業)になった場合(使用者の責に帰すべき事由による休業の場合)には、平均賃金の60%が休業手当としてもらえます。
今回の震災は、この例外にあたり、使用者の責に帰すべき事由に該当しません。
つまり、使用者は今回の震災で休業にしようが、労働者に休業手当を支払わなくてもよい、ということです。

直接会社に影響が無くても、例えば、大口の取引先が震災の被害にあって、その影響でうちも営業できない、なんて場合の休業も、使用者の責に帰すべき事由に該当しない可能性が高いので、休業手当を支払わなくてもよいことになります。

つまり何がいいたいかというと、今回の震災での『休み』は、給与に反映されない(ケースが多い)、ということです。

会社こんな状態だから、明日休んでいいよ。って言われた人も多くいるんじゃないでしょうか。
その休み、欠勤扱いですか、有給扱いですか、それとも出勤扱いしてくれてますか?
何てその場で聞ける人はまずいないですよね、それどころじゃないし。
正直きついから給与のコストを削る会社が少なくないでしょう。
これからは、経済的なサバイバルの始まりかもしれません、ある程度の理論武装は必要かもしれないですね。

今回この件を記載したのには、訳があります。

姉の会社です。
姉は被災し、当然のように休んでました。
その休みに関して、会社は一部有給、一部欠勤扱いとする、と回答したそうです。
なぁにぃいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!
あの状況下で、明日以降の休みは有給にしといてくれっなんていえるかっ!!!
流されてんだぞっ!!亡くなった方もいるんだぞっ!!もしかしたら、、。
そもそも特例措置とかないのかっ!!

驚きです。
でも、僕の知識で考えたり、調べたりしても、会社の扱いは法に触れてません(おそらく)。
労災も天変地異は該当しない。

前から、労働基準法だの、労災だの、社労士系の法律には興味があったのですが、、何だろう、労働者を守るべき法律ではないのか(僕が知ってないだけか、。)
いまこそ団結の時、立ち上がろうみんな、、って昔の労働組合みたいなことをするつもりはありませんが、。

野菜の産地表記も厚労省では県別表記の義務付けときいた。
これも、市、町、村、と細かくする必要はあるだろうし。
この大震災で、法律も改めて整備しなくては対応できないのではないかと、目に見える以外の被害というものも考えて、準備や防備していかないといけないのではないかと。
労働者目線で書いてますが、会社(使用者)も被災してます。会社も同じです。被害を受けてます。企業はこれから存続していくために、数多の試練(って言葉あってるのかな)を乗り越え、新たな利益を追及するべく、立ち直らなくてはいけません。
だからこそ、労使のあり方をこの機会に考えていくべきじゃないかと。
そんなことを考えてました。

とういうことで、僕も勉強します。情報収集したいです。
何か知ってることや自分の会社の状況とか、教えてくれる人、教えてください。

追記
解雇について。
解雇は、少なくても30日前に労働者に予告しなければなりません。予告出来ない場合は、30日以上分の平均賃金を支払わなければなりません。
ただし、天変事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となった場合はその限りではない。

つまり、今回の震災では、解雇予告、解雇手当をしない(できない)ケースも十分考えられます。
解雇の妥当性は、所轄の労働基準監督署長が判断するので、突然明日からもういいよってのは認められないと思いますが、。


参考資料
平成23年東北地方太平洋沖地震に伴う労働基準法等に関するQ&A(第1版)
東北地方太平洋沖地震に伴う雇用保険失業給付の特例措置について
[PR]

by morita79 | 2011-03-29 00:00
2011年 03月 27日

2週間過ぎて思うこと

今日、姉の付き添いで、姉の職場のあった閖上に行ってきました。

現地に近付くにつれて、畑や田んぼに物が散乱し始める。
徐々に大きくなっていきました。

バケツ、本、机、タンス、電柱、車、船、家、がれき、。

前は何があったんだろう、分からない。
家があったんだろうってことしかわからない。
何か建ってたんだろうってことしか。
がれきの他には何もない。

現実を目の当たりにしました。

姉の職場、言葉で言い表せない。匂い、空気、当時の時間が置いてありました。
津波が来ていた高さの跡、僕の目線ぐらい、おそらく1メートル70は超えてました。
天井を見上げると、太陽の光が差し込んで、カーテンが揺れてた。 とても穏やかに見えたけど、1メートル70を境に、視界が一変する。大量のがれき、土、水、。

広間には、ここで2日間頑張った痕跡。
焚火の後、散らかっているペットボトル。 姉の車を発見。壁にささってた。

姉はよく生きていたな、と。
本当にそう思った。

復興、復旧、言葉でいうのは簡単だ。これをどうしたら復旧できるんだろう、後ろ向きな発言だけど、どこから手をつけてよいか、分からない。

僕は、幸い、家も無事だし、家族も無事だった。
津波の被害にあわれた方の気持ちは、被害にあわれた人じゃないと分からないと感じた。

気持ちを分かりたくないというのではなくて、気持ちがわかるという言葉が軽いんだと、うまく言えないけど、。
先日ブログに書いたけど、心の復興の個人差、このことは、ちゃんと考えて接していくべきだと、そう強く思った。

少し写真を撮った。
後ろめたい気持ちはあったけど、まだ子供もいないけど、ちゃんと伝えたいなとそう思ったから。

c0139253_21213256.jpg

車の奥の黄色の建物が姉の職場です。
c0139253_21214265.jpg

c0139253_2121543.jpg

c0139253_21221830.jpg

c0139253_21222675.jpg

c0139253_21223244.jpg

c0139253_21223854.jpg

c0139253_21225586.jpg

[PR]

by morita79 | 2011-03-27 00:00
2011年 03月 26日

あくまでイメージ

放射能問題についての僕の認識(イメージともいう)
※あくまでも僕の認識です、参考程度にお読みください。
※認識も修正していきますよ。日毎にいったりきたり、右往左往ですから。

【放射性物質って?】
・放射性物質(ヨウ素、セシウムとか)は、例えて、手榴弾だとすると。
・放射線は、手榴弾が爆発して出る爆片
・ベクレルは、放射線の強さ(電球でいうならその明るさの単位ワットと同意)
・シーベルトは、どんだけの放射線を浴びているかっていう単位
・1シーベルト=1000ミリシーベルト=100万マイクロシーベルト

【ヨウ素とセシウム】
・放射性物質の一つ、ヨウ素は8日、セシウムは30年でその強さ(ベクレル)が半減する。
・上記、体内に入った場合は例外、うんこなどで出るので半減期はさらに短くなる。
・てゆーか、そもそも身体には放射線物質(カリウム40)がある(身体への影響は放射線物質によって異なるので何とも言えない)
・ヨウ素とセシウムどっちかていうと、ヨウ素に注意。
□30年も長く残っているからセシウムやばい、、っていうけど、そうじゃない。
30年の半減期は、海や土の時、体内は、ウンコとかで排泄されるから、別。
しかも、、放射性物質が影響を与えるというのは、壊れるときのこと。爆弾と同じ。爆発して影響を与えて、自らも無くなっていく。
30年かけてゆっくり爆発することは、爆発している間に、身体は復旧している余裕があるということ。破壊と再生が同時進行で起きていくため、怖くない。
その点、ヨウ素は、8日の半減期、、つまり爆発するスピードが早い。だから、破壊に再生が比較的ついていかない。
・放射線の怖さは、一気に爆発するかどうか。
・同じ爆発でも、例えば、1時間で100回爆発されるのと、1年を通して100回爆発されるのでは違うでしょ!?
→1年なら、ある程度回復しながら次の爆発に備えて準備ができるけど、1日だと休んでるヒマないよね。。

【通常でも自然被爆してます】
・世界平均で1年間に累計2.4ミリシーベルト(2,400マイクロシーベルト)を浴びている(自然被爆)
・日本平均で1年間に累計3.75ミリシーベルト(3,750マイクロシーベルト)
・放射性物質は大気の流れに沿って拡散して広がり、広がった分だけ薄まるから、距離が離れれば離れるほど危険度は低下する。
・1時間あたり100ミリシーベルトであった放射性物質が風に乗って流れたとすると、1キロ離れていれば1ミリシーベルト、10キロ離れれば0.01ミリシーベルト(10マイクロシーベルト)と低下する。
・症状が出るのは、1,000ミリシーベルトから、すなわち1,000,000μSv(百万マイクロシーベルト)から。
・もっと低い放射線量だと、発がんの可能性が高まる。
・といっても、100ミリシーベルトの蓄積で、0.5%程度可能性が上がる。つまり確率的にタバコを吸う方ががんになる確率は高い!!

【被爆は、面積で捉えると分かりやすい、かも】
c0139253_0322676.jpg

上の図、だと1×100で、面積100とする、単位はおいといて。
c0139253_037072.jpg

で、どこどこで350ミリシーベルトが測定されたとする、でも、そのあと基準値以下に下がったと、そうすると面積はどうだろうか、基準値の面積より小さいでしょう。
・年間平均として基準値を超えるか超えないか。
・んでもって、超えても、基準値自体、安全なレベルでの基準値であるから、超えようが身体に影響が出るレベルではない。
※この基準値は、賞味期限と同じイメージ、期限切れてるけど、食べても問題ないでしょ。
・ニュースになるような検出された数値は、そのままの数値で体内に入ることはまずない(上記理由)。
・妊婦さんは(特に妊娠2カ月は影響を受けやすい)影響を受けやすいが、100~200ミリシーベルトの累計でも影響が出ていない。



【結論】
福島産のほうれんそうも牛乳も飲むし、食べる。
雨には注意する-注意するのは少しでも頭皮に対する影響を皆無にするため-

ぐらいです。
ただし、条件があります。

【条件】
政府の発表を信じれるまで

測定値は、政府の発表を信じるしかないです。
10マイクロシーベルトが、10シーベルトだったってことになったら、話は別ですから。

それと、そもそも知らない話っていうのは、念頭に置いてます。
放射能、見たことも勉強したこともない。
ネット、TVで集めた知識のみ。
だから、信じて、疑います。
その繰り返し、しかないかな。

【追記】
いろいろな記事やニュースを見て思ったことですけど、放射能のニュース、なんか歯切れが悪いと思いません?
説明不足、準備不足も大いにあるけど、、ただたんに、彼らは科学者(理系だってこと-理系文系っていうのは嫌だけど-)だってことのようです。
つまり、安全か危険かっていう二択の質問には、危険の可能性があるってしか答えられない。
だって、可能性はあるんだから。原発作った時点で、危険な可能性は0ではないから、影響があるか?って聞かれたら、そういう可能性があるってしか答えられないんだろうね。

今回まとめたこの事項、なんかどこか100%信じてはいない自分はいます-まとめといてなんだけどさ-。
それは、根本的に分からないことだらけだからということ、それだからいつもより増して怪しんでんだな、政府の発表や対応をさ。
マイクロシーベルトってなに?からはじまってさ、、通常でも放射能は浴びているものだけど、いざ、1,000マイクロシーベルトっていくと、何、1,000!それは大きな数字、やばいんじゃねって思うよね。
そういう細かいとこまで、発表してほしい、通常は3,000マイクロ浴びてますから、今回でこんなに出てますけど、年間通して食べ続けるわけじゃないですし、ウンコして少なくなりますし、症状が出た事例はありません、とかさ。
って思うと、こんな簡単な説明ができない、ってことは、なんか後ろめたいことがあんじゃないのと思うわけでさ。。
本当に説明下手だったら、そっちの方がいいよ、ほんと。

簡単に(シンプルに)説明してほしい、僕らの生活レベルに合わせてさ。
野菜は水で洗ってから食べましょうっていうほど現実的にさ。

※僕が大いに参考にしているサイト(昨日の朝まで生テレビ、すごく面白かった、これも参考にしてます)

東大病院放射線治療チームのツイート

藤林徹(元東芝原子炉設計部長)のレポート

早野龍五(はやのりゅうご)さんツイート

小飼弾のツイート、ブログ

c0139253_2282050.jpg

これは、退避ラインと実際に測定された放射線(ヒトデみたいな形の方)のグラフ(だと思う)
風とかで変わるから、一概に30キロ圏内とはいかないみたいね。
これ見ると、福島市の近くまで放射線が、、100ミリシーベルト?100マイクロシーベルト?ちょっと小さくて見えない。

最後に、地上の星 - 本当の「フクシマ50」
なんで、日本は報道しないんだろう。規制かな。
電力の会社の組織のあり方とは別として、現場で頑張っている人がいることをちゃんと報道してもよいと思うんだが。。。
[PR]

by morita79 | 2011-03-26 00:00
2011年 03月 23日

継続的2

がんばろう。
上を向こう。
元気を出そう。

全然否定はしません、応援してます、僕もそうします。
できる人が、できることを、できる範囲で。(できる限り)
チャリティTシャツも買っちゃいましたし、イベントあれば参加したいと思ってる。

ただ、もう少しゆるくてもだめですか?

って思うんです。

おそらく、こっから長いと思います。復興にしても、いろんなことが。
人によって、その辛さは計り知れないから、立ち直るのに、1日の人もいれば、1年の人もいれば、10年の人もいたりすると思う。そもそも落ち込んでいない人もいるだろうし、一生立ち直れない人もいるんだと思う。
僕自身も、なんかすごく凝縮した1日、1週間を過ごしたと思うし、今でも夢だったんじゃないかと、どこか今この現実を受け入れられていないところがあったりします、リセット押したらセーブしたとこまで戻るんじゃないかと。

力を抜くこと-んでもって、ちゃんと地に足つけて現実を直視すること-

力むといいプレーができないのと同じように-力んでなくてもいいプレーなんてできませんが-
ボクサーは殴る直前にコブシを固く握るのと同じように-いいたとえじゃないですね-

もう、非現実的だった世界が当然になってるじゃないですか。
非現実なペースで現実を送ることはできない、どこかでこれが現実なんだと受け入れることが必要だと、震災前に戻ることはできないと。
この現実を受け止めるのには、個人差はありますよ。
こっから、もう継続的なんです。
25日を迎えたら終わってしまう、クリスマスムードと違うんです。

四六時中、気を張らなくてもいいんじゃないですか。

忘れること、これがいけないことだと思うんです。
心にあって、生きること。

このことが重要なんだと思うんですよね。

Q:つまり、あんまり盛り上げないで、淡々とがんばれってことがいいたいのか?
A:違うかな、、元気にすることは大事だと思うんだけど、無理やりは良くなくて、個人ペースでいいんだと、、だから、上を向けたら向こうよ、ぐらいの意気込みの方がいんじゃないかなと、、マイナス思考ですかね、。
それに、風化するじゃない-多分大方-。
だから、風化させずに、忘れずにいくのには、これからどうすれば良いんだろうと思ったことへの、一つの提言としてさ。
[PR]

by morita79 | 2011-03-23 00:00
2011年 03月 20日

継続的に

復興はじまってます。

復興するのに、かかる金額はどのくらいなんでしょう?
10兆円とか20兆円とか、。
全然イメージ湧きませんね、本当に。

では、財源はどこでしょうか。
募金?義援金?ユニクロの柳井さんみたいな人がいっぱい出てきてくれればよいですが、そうもいきませんね。

大事なのは仕組みづくりですよね。

詳しくは調べてもないですし、数値的なデータを確認してないですし、思い付きですし、ガソリン給油渋滞でお漏らしも仕方ないと自分に言い聞かせてたし、大まかな概要だけイメージしてもらえば良いのですが、。
ざっと見聞きしたの挙げてみますね。

■消費税6%(1年間限定)
復興税と称して引き上げ。
2兆円捻出、国民の一体感も強まるのでは。
大前研一ニュースの視点

■消費税地域別
被災地の消費税、及び法人税を引き下げ、その他地域で増税。
例えば、宮城、福島、岩手は、消費税5%据え置き、もしくは3%に引き下げ、ほか地域10%引き上げ。
こうすれば、被災地に行く人も増えるし、活性化にもつながる。
んでもって、法人税を格安にして、企業を呼び込む(外資も可)

くじもでるだろうし、イベントもこれから多くなると思う。
震災復興イベント、入場料の何%を寄付させていただいております、というもの。
これには、反対もしないし、良いことだと思います。

けどね、儲けていいと思います、誤解ないようにいいますけど、企業が儲からないとその従業員にも回らない、従業員消費を控えるので物も売れない、売れないから物の値段下がる、値下げ合戦、値下げして販売してるので、従業員の給与も値下げ、、というデフレ通り越しての、震災不況スパイラルに陥るわけで。

今は、店空いてないし、営業も機能しないし、売上目標も予算達成も今期達成もどうでもよい-というと怒られるかな-状況下ですよね。
次に来る-もう来てる-のが、経済不況の津波です。

目の前の、直近の、支援。これも大事です。
継続的に考えること。
こっちも大事です(と思うんです)

僕は会社に守られています(たぶん、大方)
でも、考えます。
できることはないかもしれないけど、考えます。

今後の復興のためにどうするべきか、何をするべきか、できることはあるのか、なんて考えることの積み重ねが大事だと思うし、それが全てだと思います。

日々何かしらに忙殺され、そんな状況ではないけど、どっかで、こっから考えなきゃならんこと。
[PR]

by morita79 | 2011-03-20 00:00
2011年 03月 19日

慣れる

慣れることは怖い。
TVの映像、余震、並ぶこと。

どこか慣れている自分がいます。

ずっと、意識してろってんじゃないけど、慣れちゃダメですね。
だからといってわがままいうつもりはないですが。

今回の状況で、フェイスブック、ツイッター、ブログ、ミクシー、と、使用する機会が増えました。
特に、ツイッター。

全く使用してなかったこのサイト。
情報を得ることも発信することもすごく便利。
特にこんな状況下だとみんなと共有-していると思うだけでも-することで、安心する面もあるでしょう。

使うのに慣れてくると、今度は更新が気になる始末。
ダメですね、情報に踊らされてますね、TVをダラダラ見てるのと同じ感覚なんだね。
楽なんですね、ツイートされている情報を見ることは。

取捨選択、情報の見極めがホント重要。

普通の話題。
本も読めるようになりました。
とうか、何するにせよ、並ぶから-明日は給油、、がんばります-時間あるし、読みますよね。
多分、明日には読み終わるこれ。
男二人の日常なんだけどね、。あんまり難しく考えずにサッと読めます。

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

三浦 しをん / 文藝春秋


この文庫のいけないところ、表紙。
キャラ設定出来上がっちゃってさー、的を得ているキャスティングなんでいいんですけどね。
映画化楽しみです。
[PR]

by morita79 | 2011-03-19 00:00
2011年 03月 18日

声を上げるのは素晴らしいこと

震災を少し振り返るのも必要だと思いました。
今後のためにも少し振り返ってみようと思います。
それだけ落ち着いてきているのと、書くことで落ち着かせているのと半々です。

震災から1週間。
あっという間でした。
あっという間に変わってしまった。

17階の会社のビルで地震を受けた僕は、今でも余震が来ると構えてしまいます。
普段でも揺れている気がしてならない。
会社に居ることがトラウマになっていると思います。

被災に大きい、小さいはないと思うけど、僕は家族を失いませんでした。
そのことだけが不幸中の幸いです。

姉からの連絡が途絶えてから、名取市役所に行きました。
報道メディア、職員、探している家族ですごく人がいました。
中に入ると、避難場所ごとに分けて、氏名、年齢が書かれたA4用紙が、ホワイトボードや壁なんかに1枚1枚びっしり貼ってありました。
ワープロで打ってあるもの、手書のもの、そんな名簿を目にした時、現実を感じました。
TVの世界がここにはありました。TVの世界と思っていた、画面を通してしか見るはずのなかった世界がここにはありました。
TVで見ていた側にいたはずなのに、現実に探している自分を受け入れることができなくて、10分くらい立ち竦んでいました。

どのボードの前も人だかりがすごくて、顔を近づけて、指を指して、みんなひとりひとり確認してました。
前に人がいると後ろからは紙が見えなくて、すごくイライラしてた、肩がぶつかった人もいました。
外の天気とは対照的に暗く重い空気でした。

森という字を見つける度に心臓が揺れた。

名前がなく、探していますという紙を書きに受付へ。
受付では、泣きながら訴える人が大勢いた。職員さんは真摯に受け止め、話を聞いてる様子でした。
そこで姉の職場には100人弱が残っているという情報を得ることができた。
大丈夫だと自分に言い聞かせてた。
車で送ってもらった親戚に、声をかけられる度、泣きそうになるのをこらえた。
タバコをいっぱい吸った。

名前が無い。
悲壮感と焦燥感が綯い交ぜになったあんな気持ち、二度とあんな思いはしたくはないと思った。
安否が確認されてからも、顔を見るまでは、落ち着けなかった。
大丈夫と聞かれる度-実際は自分のことを聞いていたんだろうが、というかそうだ-泣きそうになる自分がいた。

少しドライだと自分自身を評価してたけど、泣きそうになるんだな俺もと、人間っぽいなと、変に感動してたりもした。

いろんな感情が行ったり来たり。
ついていけなくて心のブレーカーも落ちっぱなしだった。

震災からそのまんまの部屋。
整理できるようになったら、もう少し書けるようになるでしょう。

僕もできることから協力しようと思います。

ということで、表題はこっから始まり。

チャリティ、、ボランティアってさー
それは難しい。

それは善意の押しつけなのかな。
善意だ、だからそれを受け入れろ、ってのも、おかしいし、かといって、ボランティアだからあれもしてくれ、これもしてくれって、注文をつけられるのもどうなんだろうね。
ん、注文はしても良いのかな、。
すごく難しい。
望まれることと提供できることの違い。
提供って言葉もあってるのかな、。

要望があれば動く、その準備をする。
押しつけはしない。

もう一回このブログを読もう。

-------------------------------------------------------
僕の所属している年1バンドのリーダーヒカルさんの呼びかけで被災地に送る古着を集めています。
LAVI裏のVINDOMEで集めています。
特に女性用の下着や赤ちゃん用の服が足りないみたい。もちろんそのほかでもOKです。
℡022-721-5755

できる人からできることをできる範囲で。
この想いでいいですよね?
[PR]

by morita79 | 2011-03-18 00:00
2011年 03月 17日

無理せずに

①やるべきことをやります。

僕は、飲食店じゃないから炊き出しもできないし、危険を冒して原発の修理もできないし、ガソリンを運ぶこともできません。
僕は、営業です。
今は物を売れません、けど、買っていただくための準備は最大限やります。

②できることをやります。

協力、共有、お互い様、そして、マナー、モラル、そんな精神を気づいたとこで、忘れないで。

③今後のことを考えます

少しずつ、余裕が出てきた人から、今後のこと考えてみませんか。
やるべきことをやって、できることをやって、そんなひとりひとりの積み重ねが、大きな力になるんだと思います。
いつもいってること抽象的なんですが、どうにか具体化できるようにしたいです、ほんとちっちゃなことでもいい、カタチにしていきたい。
継続的に勉強をするってのでもいいわけだ、、ポンポン答えがだせるようになりたい。

綺麗事かもしれない、正直今後が不安だ。
でも、負けません、考えをやめない。

頑張りましょう。
[PR]

by morita79 | 2011-03-17 00:00
2011年 03月 16日

ここから

あるツイートにもあったけど、そんなに必要ですか?みんなで必要な分だけ買えばいいんじゃないですか、という張り紙をしている店があったそうです。
モラル、ルール、マナー、、改めて考えてみましょうよ、日本人の誇るべきすごいとこでしょ。
正直、めちゃめちゃ不安ですよ、でも不安は自分だけじゃないですよ。
思いはみえないけど、思いやりはみえる。
心は見えないけど、心遣いは見える。
(いま、めっちゃ、ACやってるじゃない、しつこくさ)
これからの復興にはそんなひとりひとりの行動がカギになっていくんじゃないのか。

枝野さんが原発のTVヘリ中継のことに関して苦言を呈するところをカットし放送している局、小学生の孫が亡くなった死亡届を出しに行くおばあちゃんに密着取材をしている局、大げさなリアクションで不安を煽るリポーター、、どんな情報を伝えるべきなんでしょうか、必要な情報とは何でしょうか。

視聴者は傍観者であってはならない、絶えず、必要な情報を意識し、本当にそうか?を念頭に置くべきだ。

情報過多、必要な情報だけ取り入れよう。本当にそうか?と疑問を持とう。

こんな状況、誰でもツンツンしてきます、そんな中でも人のいい面を見ていくようにしよう。

僕もサイトリンク何かで情報をUPしてますが、一応、自分自身ある程度参考にしているものを載せてますが、、鵜呑みせず、取捨選択してくださいね。

水道復旧の現状が書いてあるブログ。
あくまでも参考に。

また載せますが、仙台緊急支援ブログ。

がんばっていきましょう。

追記
立町のラブホ、やってるとこあるみたい。
某先輩と友人が男二人で風呂入ってきた(へんな意味はないよ)
そんな機転はアリですよね。

c0139253_035029.jpg

[PR]

by morita79 | 2011-03-16 00:00