○最大の学びは何だったか?

・どの層を顧客とするかで戦略が異なるといった前提を考慮すること。
※トイ社は、小売店(販売店)を見るのか?DMU(親)を見るのか?子供を見るのか?
・製版タイミングのズレによる運転資本の資金需要の違い
※ロット一つでOKなのか。重複しているのか。入出金のサイトを掴む。
・リスクを定量的に評価すること
※資金調達のリスク(資金調達は出来るのか?)
売掛金、棚卸資産に掛け率を乗じて担保評価額を仮定して、借入金のリスク状況を把握する。
※在庫のリスク(どのくらい売れ残っても良いのか?)
全て売れるのか?→売れないかもしれない→どのくらい売れ残っても良いのか?

○それは自分にとってどんな意味があるのか?
・定性的な前提を検討することが出来ていない。業界、環境、KBF、KSF、といった前提、そこからの仮説の検討から、財務諸表を読み取ることで、今後の打ち手が変わってくる。
・製版のタイミングによる資金繰りについては、実務で身近に話題になるものでした。
販売管理システム提案の中で、生産管理や工程管理、ロッド管理といった、1商品ごとの詳細な利益を把握したい要望は多く出ているかと思う。
・リスクの定量的評価をすることが、本日の講義の最も腑に落ちたポイントだった。借入金も1,900(千ドル)オーバーすることは把握していたが、担保評価より【本当にそれ以上借りられるのか?】まで具体的に検討は出来ていなかった。同様に、在庫についても、全ては売れないだろう、と思っていたものの、どのくらい売れないのか、売れないとどうなるのか、在庫リスクまで検討出来ていなかった。
つまり、思考を止めていたのだと気づきました。何故、どうして、を繰り返して、思考をどこまで分解出来ているのか。要はMECEで、クリシン。第1回に引き続き、非常に大事なポイントだと思います。

○それを踏まえて自分は具体的に行動するのか?
まず、クリシンを勉強し直す。。。(中長期的)
財務諸表には実務上慣れていると思うが、前提や仮定の検討が浅く、財務社表から導き出される意味や意図が偏り、抜け漏れが出てきていると感じる。様々な知識を用いて総合的に検討することの重要性に改めて気付かされた回でした。


[PR]
# by morita79 | 2017-11-01 00:59

○最大の学びは何だったか。

・マクロ的な背景(前提)を考慮する。

・定性も大事。

・財務数値の構成要素分解は、MECEとなる。

・都合の良い数字を選択する(どの数字にインパクトがあるのかに着目する)


○それは自分にとってどんな意味があるのか

MECEになる、という話は、最も腑に落ちた。項目への分解には時間がかかりますが、曖昧な思考が整理出来る(出来てませんが)と思う。

インパクトのある数字に着目することは、実務(顧客である税理士や企業会計担当者との話で)においても多々出てくる(会計や税務システムなどを販売しているため)。今まであまり意識してなかったが、何故顧客がその数字に着目しているのか、意味、意図と踏まえて考えていきたい。


○それを踏まえて自分はどのように具体的に行動するのか

実務において、顧客と講義のような話をすることが出来るのは、非常に恵まれた環境にある。いつも上辺だけで商談しがちだが、一歩踏み込んで内容を確認することがトレーニングになると考えます。数字が伝えている真意を読み取り、顧客と考えることが自己の成長にも繋がっていると思って行動していきたい。


[PR]
# by morita79 | 2017-11-01 00:55

読了。
題名から誘われていた。
存在も前から知っていた。
小説を読む時間があれば別の本を読む時間に充てたいと思っていたし、そもそも時間がないと手に取ることもやめていた。
ななめ読みは嫌い。文書1文字ちゃんと読みたい。などと考えるようにして小説とか文学なものからは遠ざかっていた。
そんな自分に飛び込んでいた作品。
アマゾンのカートには入れたけど、押さなかった。
大型書店で探したけど見つからなかった。
近所のTSUTAYAに平積みされていた。

話としてはごく普通で、真っ当に生きてきた人にとっては何ら面白くない作品だと思う。
エヴァンゲリオンを面白いと思ってた人や人と同じが嫌だけど自分で動こうとしない人、何となく2,30代過ごしたかもっていうアラ40のおっさんには響くところが何個かある。そもそも題名がピンポイントじゃん。

作者名、吸殻、シケモク、じゃなくて燃え殻ですよ。なんか意味あるのかな。書店で検索するとき出てこなくて困った。

でも、たまにでいいです。こんな旋律に触れるのは。
過去振り返ってボーっとしてないで、現実見ろ、生きろって思います。やることあんだろって。
そう自分に言い聞かせます。こんな作品読むとその空気から出られなくなるから。

[PR]
# by morita79 | 2017-10-01 23:00

1. What?(事実)

 最大の学びは?

・Day1からの学びである戦略策定プロセスが非常に大事

Day6に限りませんが、全ての課題を通して、最も確認してました。

・KBFの導き方に対して、柔軟な発想が欠如する。

ぼやっとしてました(抽象的ですが)PESTや5Fのようにフレームワークがあると落ち着くんですが、ファクトから仮説を導くのが、本当なのか?と考えすぎてまとまらない。

・VCを全く考えていない。

つまり、KSFからの各施策の整合性が捉えられていない。

・マーケティングは仮説を立てる想像力が重要。

ファクトやフレームワークを通して仮説立てをしていくのが、難しいと感じてます。Day6に限らず、講義では、結果がおおよそ分かっているケースを扱っているので、その結果に引っ張られて仮説立てしているのではないか(本当にファクトやフレームワークから導き出しているのかと常に疑問)

・他社から見て模倣困難な競争優位性の源泉は考察できてません。



時代ごとにKSFを見るべきか?何を意図に分析すべきか?

ニーズの違いとは?

市場が異なると業界は異なるというのがスタンダード。

異なる戦いをしているのであれば、同じ業界として分析して良いのか?

国内・国際の区分は→いろいろな戦い方がある。



2. So what?(解釈)

 自分にとっての意味は?(要するに何を学んだのか?)

これが学びのスタートであるということが良く分かりました。

マーケティング・経営戦略基礎、非常に難しく、楽しかった。

自分で理解出来たことは、戦略策定プロセスが頭に浮かぶようになったこと。

その細部の【見えていない不確実な事象にも視野を広げること】、【そこから考えるべき論点を見つけ、考え抜くこと】までは至ってない。

Day6を終えて、そんな自分に気付けたことを前向きに捉えて、学びを継続していきたい。

3. Now what?(行動)

 具体的にどのように行動するか?(これからどう活かすか?)

仮説を立て続けることでしか、仮説は立てはうまくなりません、と伺いました。

身近な自社分析から自分の仕事(営業)にフォーカスして思考を深めていきたいと思います。




[PR]
# by morita79 | 2017-06-28 23:59

闘病を経て

別にファンというほど熱心にではなく、たまにワイドショーで見かけた時に応援してたくらいなのに。
何だろう、亡くなったのを知った時、ひどく動揺する自分がいた。そんな自分に驚きさえある。

行き場のない悲しみ。誰にもあたることが出来ない悲しみ。同世代だからか、何なのか。残された遺族のコメントや友人達のコメントを聞いて、胸が痛い。
頑張ったね、などと私が気安く言うことは出来ない。
誰もが望んでいない結末。悔しい、悲しい。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
# by morita79 | 2017-06-24 00:54